MENU

AKB48グループからAVデビューしたセクシー女優9人【SKE48・NMB48】

AKBグループ出身のセクシー女優たちについての興味は尽きません。彼女たちは、アイドルから大きな転身を遂げた人物たちです。

  • アイドルからセクシー女優への転身について知りたい
  • なぜ彼女たちはそのような決断をしたのか
  • 彼女たちの現在の活動について知りたい

アイドルとしてのキャリアを経て、セクシー女優として新たな道を歩み始めた元AKBグループメンバーたち。彼女たちはどのような経緯でこの決断を下したのでしょうか?

この記事では、元AKBグループメンバーでセクシー女優に転身した彼女たちのキャリアと現在の活動に迫ります。記事を読めば、彼女たちの意外な経歴や現在の成功に迫ることができます。

元AKBグループメンバーとして活躍し、その後セクシー女優として新たなキャリアを築いた彼女たち。彼女たちがどのようにしてこの道を選んだのか、そして現在どのような活動をしているのかについて詳しく解説します。

YouTube
【ギャラ6億円!?】AKBグループからA⚪︎デビューしたセクシー女優9人 AKB48、SKE48、NMB48からデビューしたアイドルを紹介しました。【60,000本以上の動画が0円で見放題!】⬇︎31日間無料トライアルはこちら⬇︎https://twitter.com/o_man_tv/sta...

無料で無修正動画が見放題!

目次

AKBグループからAVデビューしたセクシー女優9人

※作品の詳細を見たい人は、パッケージをクリックしてください。

やまぐちりこ(中西里菜)

やまぐちりこ(中西里菜)

※発売中止

中西里菜さんは、2005年10月30日の「AKB48オープニングメンバーオーディション」で見事合格し、AKB48の一員として活動を開始しました。彼女の活躍は、グループの初期において重要な役割を果たし、2007年には派生ユニット「Chocolove from AKB48」のセンターを務めるほどの人気メンバーでした。

しかし、2008年10月5日にはグループからの卒業を発表。その後、彼女の人生は大きな転換期を迎えます。2010年6月25日、「FRIDAY 2010年7月9日号」でのヘアヌードグラビア公開を経て、同年8月27日には「やまぐちりこ」としてアリスJAPANからAV女優としてデビューします。

この転身は、当時のエンターテイメント業界において大きな話題となりました。彼女のデビュー作は発売1か月で8万本を超える大ヒットを記録し、その後もDVD作品が大手通販サイトのアダルトビデオ売り上げランキングで上位を独占するなど、その影響力は計り知れないものがありました。

さらに、彼女がAVデビューした理由として、6億円という超巨額の出演料が噂されていました。これは、他の女優に比べて非常に高額なものであり、彼女がAKB48の元メンバーとしてどれだけの注目を集めていたかを示しています。

中西里菜さんは、2012年3月8日に引退作をリリースし、AV業界から引退。その後は結婚を公表し、新たな人生を歩み始めています。彼女のAVデビューは、AKBグループからのAV女優への道を切り開いた重要な出来事であり、AKB48が人気に火が付き始めた時期に全てをさらけ出したことで、その衝撃度は計り知れません。

やまぐちりことしての活動期間は短かったものの、彼女の存在はAV業界において顕著な影響を与えました。「1万本売れればヒット」とされる業界において、デビュー作が20万本を超える売り上げを記録するなど、記録的なセールスを達成。この成功は、彼女の人気の高さとともに、AKB48のブランド力がいかに大きいかを示しています。

また、彼女の実姉も「やまぐちりく」名義でAV女優デビューし、姉妹で共演するなど、新たな話題を提供しました。これは、エンターテイメント業界における家族の関わり方や、メディアの取り扱い方においても新しい視点を提供しました。

彼女の活動は、AV業界だけでなく、アイドル文化においても重要な意味を持つものでした。AKB48グループからAV女優への転向は、その後の多くのアイドルに影響を与え、彼女たちのキャリアの選択肢を広げる一因となりました。やまぐちりこ(中西里菜)さんは、ただのAV女優に留まらず、エンターテイメント業界における一つのアイコンとして、その名を刻んだのです。

川瀬ともか(野々山茉琳)

野々山茉琳さんは、SKE48の第4期生として2010年9月30日にオーディションに合格し、アイドルとしてのキャリアをスタートさせました。しかし、学業との両立に苦しんだ末、わずか半年後の2011年2月23日には卒業を発表しました。

その後、2012年12月20日には「川瀬ともか」という名義でセクシー女優としてデビューします。彼女のデビュー作は、「S○Eになりたかった国民的アイドル候補生一本限りのAV解禁川瀬ともか」というタイトルで、話題を集めました。しかし、これが彼女のセクシー女優としての唯一の作品となり、2013年2月20日には早くも引退を発表します。

川瀬ともかさんの活動期間は非常に短く、公開された作品数もわずか2作品に留まりました。このことから、彼女のセクシー女優としてのキャリアは、短くもインパクトのあるものであったと言えます。

ネット上では、川瀬ともかが元SKE48候補生の野々山茉琳さんであるという噂が流れましたが、この情報は確証がなく、デマである可能性が高いとされています。実際、野々山茉琳さん本人や関係者からの公式な確認はされておらず、この点については憶測の域を出ていません。

川瀬ともかとしての活動は短期間で終了しましたが、彼女の存在は、アイドルからセクシー女優への転身という道を選んだ人物の一例として注目されています。特に、AKBグループのメンバーという背景を持つ彼女の転身は、エンターテイメント業界におけるアイドルのキャリアパスや選択肢に関する議論を呼び起こすきっかけとなりました。

川瀬ともかさんのキャリアは、アイドル業界における多様な進路と、それに伴う社会的な認識や価値観の変化を象徴しています。短い活動期間であったにも関わらず、彼女が残した影響は、アイドル文化とセクシー女優という職業の間の境界線に新たな視点をもたらしました。

彼女のようなケースは、アイドルとしての活動を経て異なる道を歩む人々にとって、重要な参考例となる可能性があります。アイドル業界の多様性と複雑さを理解する上で、川瀬ともかさんの短いながらも印象深いキャリアは、注目に値するものです。

橘梨紗(高松恵理)

橘梨紗(高松恵理)

※発売中止

高松恵理さんは、2009年9月にAKB48の第9期研究生オーディションに合格し、研究生としてアイドル活動を開始しました。彼女の純朴な雰囲気と美しい容姿は、AKB48ファンの間で注目を集めました。しかし、2010年6月20日には突然活動を辞退し、卒業を発表します。

その後の彼女の歩みは、エンターテイメント業界において大きな転換を迎えます。2013年2月7日、彼女は「橘里紗」という名義でセクシー女優としてデビューし、この業界での活動を開始します。彼女のデビュー作「橘梨紗 AV debut」は、DMMの月間DVDランキングで1位に輝くなど、非常に高い人気を博しました。更に、Blu-ray Disc版は2位となり、DMMの月間AV女優ランキングでも1位を獲得しました。

しかし、彼女のこの界隈での活動は長くは続きませんでした。デビューからわずか半年後の2013年8月22日には、引退を発表します。彼女の引退作品「橘梨紗 引退」は、ファンからの注目を集めながらも、彼女の短いキャリアの終わりを告げました。

高松恵理さん、または橘里紗としての彼女の活動は、短期間であったにもかかわらず、大きな話題を呼びました。特に、彼女がAVデビュー作の冒頭のインタビューで明かした「17歳の時に経験した男性関係」に関する発言は、大きな議論を引き起こしました。この発言は、AKB48時代の枕営業の噂に火をつけることとなりました。

また、高松恵理さんのデビュー作が大ヒットを記録したことは、彼女の影響力の大きさを示しています。元AKB48メンバーとしての知名度と、変わらない美しい容姿が、彼女の作品に対する人気を後押ししたと考えられます。

彼女の引退後も、元「国民的アイドル」という肩書きを活用して、2014年には握手会などの営業活動を行っています。このように、彼女のキャリアはアイドルからセクシー女優への転身、そしてその後の活動まで、多くの話題を提供しました。高松恵理さん、または橘里紗としての彼女の歩みは、エンターテイメント業界における多様なキャリアパスの一例として、重要な意味を持っています。

逢坂はるな(成瀬理沙)

成瀬理沙さんは、2007年5月27日にAKB48の第4期研究生オーディションに合格し、アイドルグループAKB48の一員となりました。研究生からチームKに昇格し、活動を続けていましたが、2009年4月8日には椎間板ヘルニアの治療のために活動を休止し、同年5月24日にはグループを卒業しました。

その後、成瀬理沙さんは2010年8月15日に、「なないろファンタジー」というアイドルグループのメンバーとして再デビューを果たします。しかし、このグループは長く続かず、2013年に活動を終了しました。

2013年、成瀬理沙さんは芸名を「逢坂はるな」に変更し、セクシー女優としてのキャリアをスタートさせました。彼女はMUTEKIからデビューし、その後、アイデアポケット、SODクリエイト、そしてOPPAIといったレーベルで活動を続けましたが、2017年にはこの業界から引退を発表します。

しかし、2019年5月には逢坂はるなとしての活動復帰を宣言しますが、わずか2か月後の2019年7月に所属事務所を退所し、以後は成瀬理沙としての活動を再開しました。

成瀬理沙さん、または逢坂はるなとしての彼女のキャリアは、多くの転換点を経ています。AKB48という大手アイドルグループでの活動から始まり、健康上の理由での休業と卒業、そして別のアイドルグループでの再デビューを経て、最終的にはセクシー女優としての道を選択しました。

彼女のこのようなキャリアの変遷は、アイドルとしての活動がもたらす多様な可能性と、個々の選択によって異なる道を歩むことの重要性を示しています。特に、アイドルからセクシー女優への転身は、メディア業界におけるタブーとされてきたテーマの一つであり、彼女のようなケースは、これらの職業間の境界線に関する議論を提起します。

また、逢坂はるなとしての彼女のデビューは、特に元AKB48メンバーという背景を持つことから、大きな話題と注目を集めました。しかし、成瀬理沙さんは、最終的には再び自身の名前で活動を続けることを選択し、芸能活動の幅を広げています。彼女のキャリアは、エンターテイメント業界における個々の選択の自由と多様性を象徴しています。

城田理加(米沢瑠美)

城田理加(米沢瑠美)

※発売停止

米沢瑠美さんは、2006年12月3日にAKB48の3期生オーディションに合格し、アイドルとしてのキャリアをスタートさせました。彼女は2007年4月から2010年4月まで、AKB48のチームB、そしてチームKのメンバーとして活動しました。同期には渡辺麻友や柏木由紀など、後に大きな成功を収めるメンバーが含まれていました。

しかし、2012年1月28日にはAKB48としての活動を辞退することが公式ブログで発表され、そのわずか1週間後の2月5日には、東京ビッグサイトで開催された握手会をもってAKB48メンバーとしての活動を終了しました。

米沢瑠美さんは、2009年の第1回総選挙で22位にランクインし、アンダーガールズの一員として活躍。2010年の第2回総選挙では34位にランクインするなど、一定の人気を誇っていました。

2013年4月には、舞台『A☆ct Stage Vol.3』で主演を務めるなど、エンターテイメント界での復帰が期待されましたが、その後、所属事務所の公式サイトからプロフィールが削除され、活動の行方が注目されました。

その後、写真週刊誌「FRIDAY」にてヘアヌードグラビアを掲載したことを皮切りに、「城田理加」という名義でセクシー女優としての活動を開始し、大きな話題を集めました。この転身は、ファンやメディアから多くの注目を集め、彼女の新たなキャリアのスタートとなりました。

米沢瑠美さん、または城田理加としての彼女のキャリアは、多くの変化を経験しました。AKB48の一員として活躍した後、舞台での主演など、異なるエンターテイメント分野での成功を目指しました。しかし、その後の彼女の活動は、セクシー女優としての道を選択することになります。

彼女のようなキャリアの変遷は、アイドル業界の多様な可能性と、個々の選択によって異なる道を歩むことの重要性を示しています。また、アイドルからセクシー女優への転身は、メディア業界においてタブーとされてきたテーマの一つであり、彼女のようなケースは、これらの職業間の境界線に関する議論を提起します。

城田理加としての彼女の活動は、元AKB48メンバーという知名度を背景に、大きな注目を集めました。このように、彼女のキャリアはエンターテイメント業界における個々の選択の自由と多様性を象徴しています。

三上悠亜(鬼頭桃菜)

鬼頭桃菜さんは、2009年3月29日にSKE48の第二期追加メンバーオーディションに合格し、研究生として活動を開始しました。その後、2012年に正規メンバーとしてチームSに昇格しましたが、選抜メンバーにはならず、2014年4月29日にSKE48を卒業しました。

卒業後の2015年5月、鬼頭桃菜さんは「三上悠亜」という芸名で「FRIDAY」誌上にてヘアヌードグラビアを披露し、大きな話題となりました。この突然の転身は、彼女が元SKE48メンバーであることから、特に注目を集めました。そして、同年6月には「Princess Peach 三上悠亜」をMUTEKIからリリースし、セクシー女優としてデビューを果たしました。

2016年5月には、豊洲PITで行われたDMM.R18アダルトアワード2016で最優秀新人女優賞と最優秀作品賞を受賞するなど、セクシー女優としての活躍を認められました。彼女の作品はDMMでの売り上げランキングでも1位を記録するなど、高い人気を誇りました。

鬼頭桃菜さん、または三上悠亜としての彼女のキャリアは、多くの変化を経験しました。SKE48の一員としてのアイドル活動から、セクシー女優としての転身、さらにはアイドルユニット「HONEY POPCORN」のメンバーとしてCDデビューするなど、彼女の活動は多岐にわたります。

彼女のようなキャリアの変遷は、エンターテインメント業界における多様な可能性を示しています。特に、アイドルからセクシー女優への転身は、公共の場でタブーとされてきたテーマの一つであり、彼女のケースは、これらの職業間の境界線に関する議論を提起します。

また、2019年にはアパレルブランド「YOUR’S」のプロデュースを手掛けるなど、彼女はエンターテイメント業界の枠を超えた活動を行っています。このように、鬼頭桃菜さん、三上悠亜としての彼女の歩みは、エンターテインメント業界における多様性と個々の選択の自由を象徴しています。

紗凪美羽(坂田涼)

坂田涼さんは、2006年12月3日にAKB48第3期追加メンバーオーディションに合格し、短期間ながらチームB候補生として活動しました。しかし、同年12月19日には活動を辞退し、スピード卒業を果たしました。

その後、彼女は「瀬奈茉歩」名義でメイド喫茶に勤務していましたが、2017年1月に「紗凪美羽」に改名し、セクシー女優としてのキャリアをスタートさせました。彼女のデビューは、マキシングからリリースされた作品で、専属女優としての活動を始めました。

紗凪美羽としての彼女は、2017年3月のデビューから3か月後の6月には、専属契約を終了し、企画単体女優としての活動を開始しました。同年7月には、東洋ショー劇場でのストリップデビューも果たし、多方面での活躍を見せました。

しかし、2019年9月には、持続可能なキャリアではないと判断し、セクシー女優としての活動から引退を発表しました。彼女は、その後のステップへと進むためにこの決断を下しました。

坂田涼さん、または紗凪美羽としての彼女のキャリアは、多くの転換を経験しました。AKB48の研究生としての短い活動から、メイド喫茶での勤務、そしてセクシー女優としての転身に至るまで、彼女の歩みは多様性に富んでいます。

特に、セクシー女優への転身は、彼女がメディア業界でさまざまな経験を積んだ結果としての選択であり、彼女の自己表現の一環として注目されました。また、ストリップデビューなど、彼女の活動はエンターテイメント業界の枠を超えたものであり、多様な才能を持つアーティストとしての一面を見せています。

彼女のキャリアは、エンターテインメント業界における個々の選択の自由と多様性を象徴しています。紗凪美羽としての彼女の歩みは、自らの道を切り開くことの重要性と、さまざまな経験を積むことの価値を示しています。

松田美子(岡田梨紗子)

岡田梨紗子さんは2011年5月にNMB48第2期生オーディションに合格し、アイドル活動を開始しました。しかし、選抜メンバーにはならず、2012年2月18日にグループからの卒業を発表しました。彼女は「NMB48の仕事と学校の両立ができなくなった」と述べています。

その後、東京の芸能事務所に所属し、タレント活動を行いましたが、2017年7月1日に「松田美子」としてセクシー女優としてのデビューを果たしました。彼女のデビュー作「NUMBER 01 松田美子」は、MUTEKIからリリースされ、大きな話題を呼びました。

松田美子さんの活動は多岐にわたり、週刊誌でのヌードグラビアデビューや「ヤングチャンピオン烈」でのアイドルグラビアなどを経験しました。2017年7月度のセルAVランキング単体女優部門で売上1位を獲得するなど、高い人気を誇りました。

さらに、2017年9月にはS1に移籍し、「FRIDAY」誌上で三上悠亜さんとの共演を果たしました。また、2018年3月には「HONEY POPCORN」というアイドルグループを結成し、2018年12月にはグループを卒業しました。

2021年にはYouTube動画でタイ在住であることを明かしており、彼女の活動はセクシー女優に留まらず、多方面での才能を発揮しています。

岡田梨紗子さん、または松田美子としての彼女のキャリアは、NMB48のアイドルからタレント、さらにはセクシー女優、アイドルグループのメンバーとしての活動に至るまで、非常に多様なものです。

彼女のキャリアの変遷は、エンターテインメント業界における個々の選択の自由と多様性を象徴しています。アイドルからセクシー女優への転身は、一般には珍しい道ではありますが、彼女は自らの意志で新たな道を切り開いてきました。

彼女の歩みは、エンターテインメント業界における可能性の広がりと、それぞれの道で成功を収めるための努力と才能を示しています。また、タイでの新しい生活を始めたことも、彼女の人生における新たな一歩と言えるでしょう。

水嶋那奈(渡辺茉莉絵)

渡辺茉莉絵さんは、2007年5月27日にAKB48第4期研究生オーディションに合格しましたが、同年11月にAKB48としての活動を辞退しました。AKB48を離れた後は、読者モデルやサロンモデルとして活動し、渋谷の人気店「dazzlin」での店員としても勤務していました。

その後の彼女のキャリアは大きな転換を遂げ、2018年8月3日にプレステージからセクシー女優「水嶋那奈」としてデビューを果たしました。この新たなスタートは、彼女のキャリアにおける新しい章となりました。

水嶋那奈さんは、2022年9月16日までに12作品をリリースしていますが、その後の活動については不明です。SNSアカウントの凍結や更新停止から、彼女が現在何をしているのかについては情報がありません。

渡辺茉莉絵さん、または水嶋那奈としての彼女のキャリアは、アイドルからモデル、そしてセクシー女優へと、多様な道を歩んできました。彼女の歩みは、エンターテインメント業界において、個々の選択がどれだけ多様であるかを示しています。

特に、アイドルからセクシー女優への転身は、彼女自身の意志による大胆なキャリアチェンジであり、個人の自由と自己表現の重要性を反映しています。彼女の活動は、自らの道を切り開き、新しい分野に挑戦する勇気を持つことの価値を示しています。

しかし、現在彼女がどのような活動をしているのかは明らかになっておらず、彼女の今後のステップや方向性については不明です。これは、芸能界の変動性と不確実性を物語っているとも言えるでしょう。

目次